考えることで記憶力を高める

HF146_L
中学受験の勉強法としてほとんどの人が行っていうのが、ひたすら暗記しまくるということになりますが、人間の記憶力には限界があり、一回暗記したことをずっと覚えていられるのは非常に稀な人になります。
天才と言われる人でも、何も勉強しなければ良い点数を取ることができる人などはいなくて、一度覚えたことをずっと覚えていられるのが天才ということになるのでしょう。
しかし実は天才と呼ばれる人でも自分なりに記憶しやすい方法を使って暗記をしている場合がほとんどで、何も考えないで暗記できる人は一人もないと言ってもいいと思います。
何回も復習しても暗記できない人というのは、何も考えないでただ覚えようとしている人で、記憶をする時には、考えながら工夫して暗記をしなくてはいけないのです。
考えながら暗記するための記憶法にはいろいろなものがあって、たとえば人に説明できるように考えながら覚えるとか、語呂合わせで覚えるとか、物語を自分で作りながら覚えるとか、とにかく自分の頭で考えながら覚えることにより、記憶力が高まり、覚えたことを忘れにくくすることができるのです。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL