親にできること

HF020_L
中学受験をするのは子供本人ですが、小学生に中学受験のすべてを預けることはできないでしょう。
中学受験をする子供を持つ親にできること、そしてしなくてはならないこととはどのようなことがあるでしょうか。
当然のことながら、受験中学数校すべてどういった教育方針があるのかなどを知り、それぞれの受験対策といった情報を収集するのは親御さんの役目となります。
できれば子供本人の意思を尊重していくべきでしょうが、多くの中学から志望校を選ぶのは子供にとっての負担が大きいでしょう。
そういった場合、志望校を選択するのも親御さんの果たす役目は大きいはずです。
しかし、両親の希望だけで受験中学を決めてしまうのでは、子供にとっては強制以外の何者でもありません。
子供がどのように感じているのか、十分に気持ちを汲んであげましょう。
中学受験勉強法を考えるため、塾選びも重要です。
そして、いかに子供をやる気にさせるかも親の役目を言えるでしょう。
説明会への参加は親御さんがいくことになるでしょうし、いざ受験となれば入試までのスケジュール管理や願書の記入も手伝う必要が出てきます。
そして、受験費用の捻出は親にしかできません。
中高一貫教育ですから、受験だけお金が用意できれば良いのではありません。
親の都合で中途退学にならぬよう注意しましょう。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL