免疫力を高めて本番直前を乗り切りましょう

ヨーグルト
この記事をアップしたのは12月も後半ですが、既に試験や面接を終えられて結果を待っている方や、既に結果も出て春からの中学生活に期待を膨らませている方もいる事と思います。
ですが、これから試験や面接に臨む方もいるでしょうし、今5年生で来年の受験勉強について不安を抱えている方もいる事でしょう。

本番を目前に控えている人、1年の長丁場に挑み始める人、双方に共通するポイントがあります。
それは「体調」です。
積み重ねた努力を開花させるには、万全の体調が必要です。
受験という「長い闘い」を戦い抜くにも、万全の体調が必要です。

1年もしくは何年も努力した事を水泡に帰さないためにも、冬本番を目前にした今は体調管理を重要項目と考え、特に親御さんは「最重要項目」と認識しましょう。
そのために免疫力を高める食事と適切な睡眠をとりましょう。
想定問題が解けないからと焦って、試験日まで寝ずに毎晩毎夜一夜漬けの連続みたいなマネをするのは禁物です。

では、「免疫力を高める食事」とはどんなものでしょうか。
ここで紹介するのは別に特別な調理法とか、特殊な食材を必要とするものではありません。
ご家庭でお母様が普通に買ってきたり調理出来たりするものです。

・大根おろし
抗酸化力で免疫細胞を助けます。
皮の近くに有効成分が多いので、よく洗って皮ごと利用するのが良いでしょう。

・長いものせん切り
たんぱく質の分解を助けて、細胞の材料を利用しやすくします。
食べ物の消化吸収を助ける作用もあります。

・ヨーグルト
腸内で善玉菌が増えるのを助け、便秘などの腸のトラブルを防ぎます。
バナナ(整腸作用)やりんご(抗酸化作用)を加えるのも良いでしょう。

・きのこ料理
ベータグルカンという成分が免疫力を高める作用を持ちます。
鶏肉と合わせた炒めものなどがお勧めです。


番外編「外食の際にお薦め」
・にらレバ定食
糖質の代謝を助け免疫力アップに役立ちます。
家庭で作るなら「にら卵」なども良いでしょう。


ここに挙げた以外にも様々な食品・食材、場合によってはサプリメントもあります。

受験はお子様の一生に関わる「総力戦」です。
日々の食事さえも受験のためにひと手間加えましょう。
もちろん、全品「免疫食」では栄養の偏りなどが起きてかえって逆効果。
いつもの料理に変化を付けるくらいの感覚で行うのが良いでしょう。

健康番組の「悪い効果」としてよく挙げられる
「ポリフェノールが良いとTVで**さんが言ってた!赤ワインやチョコに多く含まれてるって!」
だからといって、
「赤ワインを飲み過ぎればアル中。チョコレートを食べすぎれば糖尿病」
という注意を参考に、適度な「免疫力を高める食事」を受験生に食べさせてあげてください。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL