読解力を高める必要性

HF191_L
小学生の時にはよく本を読みなさいと指導されることだと思いますが、本を読むことが大事なのは、単に国語力を付けるためということではないのです。
特に小学生の場合は読解力がない生徒が多く、読解力がないことで国語の点数が悪くなるばかりではなく、他の科目の点数にも影響してしまうことになってしまうのです。
受験に出る問題は全て日本語で書かれているわけで、もちろん国語力が関係ないような算数や理科の問題も日本語でかかれています。
したがって、当然読解力がなければ問題の理解度も低くなるので、点数を取りにくくなってしまうのです。
算数の問題では、計算はできても問題の意味が分からなくて問題を解けなかったという生徒が非常に多く、それは読解力が不足していたからということが理由なのです。
読解力を高めるためには文章を読むことが効果的となり、そのために本を読むことが重要になるのです。
受験勉強をはじめる前に大事なのは、とにかく数多くの本を読むことで、そうすることが国語の勉強にもなり、その他の教科の点数を上げることにもつながるのです。

この記事にコメントを書く

(必須)

トラックバックURL